ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2015年6月28日日曜日

Sound On Sound 失敗:DL8000R Korg|我が家の楽器

画像

Sound On Sound 失敗:DL8000R Korg|我が家の楽器

DL8000R Digital Multi Tap Delayである!

例によって時間がない。そこで音楽の動画製作をもっと短時間でできないかと考えた。一時間くらいで全行程できると、たくさん作れて楽しいなと思う。そこで思いついたのが二つの方法。

(1)多重録音しないでスマホ一発撮り
(2)リアルタイムでSound On Sound

(1)はそりゃそうだが、(2)が案外面白そうだ。YouTubeの動画だが、完成した曲を出すより、へたで間違っていてもリアルタイムで一発撮りした動画の方が、生々しさがあっておもしろい。YouTubeは、そういう特性があるようだ。リアルタイムがかんじんなのである。

それでこの(2)のSound On Soundだと、一応多重録音であるし、(1)の一発撮りと、普通の多重録音の中間にあたる作業になっていていいのではないか、と考えた。

ひまなことを考えているものである。

そのためは現代は『ルーパー』というエフェクターがある。その購入も考えたがもちろん金がないので、手持ちの古い機材でどうにかできないかと考えた。思いついた案が三つ。

(1)3ヘッドオープンリールデッキを使い、本物のSound On Soundをやる!
(2)DL8000R Digital Multi Tap Delayの長時間ディレイを使ってどうにかする
(3)SE70やRP12のマルチエフェクターに入ってるSound On Soundのプログラムを使う

(1)は、BBCラジオフォニック・ワークショップのデリア・ダービシャーみたいで、すごくかっこいいが、これをやるとMTRでふつうに多重録音するより時間がかかりそうなので、とりあえずはやめた。

Popular BBC Radiophonic Workshop & Delia Derbyshire videos
https://www.youtube.com/watch?v=K6pTdzt7BiI&list=PLZeN1twis_eLVLxKN5O-0Qp5mBs9x1OS3

(3)は、最近のエフェクターは違うとは思うが、なにしろ30年前に機材なので、このプログラムがノイズだらけなので、実用にたえない。

そこで(2)のDL8000R Digital Multi Tap Delayである。昨日、試しにやってみた。

ハンドドラム

マイク

プリアンプ

ボリュームペダル

DL8000R Digital Multi Tap Delay(フィードバック無限大)

モニター

こういう構成でやってみた。結果がぜんぜんだめ。どういうわけか出力が低いのでレベルを上げるとノイズだらけになり実用的じゃない。普通にラインでディレイとして使うなら音がクリアで問題ないのだが、こういう使い方は向いていないようだ。ルーパー購入も視野に入れて違う手段を考えよう。そもそもルーパーって生楽器マイク録りでも使えるのだろうか。

DL8000R Digital Multi Tap Delayだが、音がクリアで音色が非常に良い。変態プログラムのディレイ専用機として有名だが、欠点は死ぬほどエディットがたいへん。

なにしろ、左右にプリディレイ、タップディレイ1、タップディレイ2、タップディレイ3、タップディレイ4、フィードバックディレイが入ってるので、『単に×××msのディレイがほしい』だけでも、左右合計12個のディレイタイムとレベルをいじらないとならない、というおそろしいことになる。ただのディレイを出すのにプログラミングが30分はかかる。

でも、活用するといくらでもおもしろいことができそうな機材だ。

DL8000R Digital Multi Tap Delay
http://www.loopers-delight.com/tools/korgDL8000R/korgDL8000R.html
http://mixi.jp/view_community.pl?id=120339
伝説のプロ仕様変態ディレイ、DL8000R。
使用アーティスト
Mad Professor(発売当時、来日ライブで使用)
イングヴェイ(音が綺麗だから、ただのブースターとして使用)
GOTH-TRAD(ディレイタイムをかえた時に出るチュルンチュルン音を好んで使用)

2015年6月22日月曜日

トラブルメイカー、DBXのパッチベイPB48 |我が家の楽器

画像

DBXのパッチベイPB48 |我が家の楽器

しぶい。パッチベイである。DBXはスタジオ用機材の一流のメーカーでどれもじょうぶで性能がいい。それなのに、パッチベイだけだめなんだな。なぜだろうか。ふつうに断線が多い。

一台1万円もするのだが2つも持っている。音が出ないとなるとだいたいこのパッチベイが断線していることが多かった。それに閉口して、もっと安いがパッチベイでは定番のTASCAM/タスカム パッチベイ PB-32Pに変えた。

TASCAMに変えたら一度もこういうトラブルはなくなった。そのへんが定番で使われるゆえんなのだろう。DBXのパッチベイは、このロット番号のやつがたまたま作りが悪かったのか、または、なにか根本的な問題があるのだろう。

ところでこのDBXのPB48だが、『ハーフ・ノーマル、ストレート変更可』というのが売りで、今回、機材を接続するのには都合が良かったで、トラブルは多いがまた活用することにした。

画像

こういう機材。各チャンネルのモジュールごとに簡単に基盤がとりはずせて、ひっくり返して使えるのである。そういう点は非常に良い。これで断線がなければ。

画像

モジュール。こっち向きにつなげるとストレート接続。普通はこれで使う。最初はこの状態で売っている。

画像

ひっくり返すとハーフ・ノーマルという接続になる。これはどう使うかというと、たとえば裏側の穴の下列にMTRのパラアウトを繋ぎ、上列にミキサーの各チャンネルの入力をつなぐ。すると表になにも刺さなくても、下から上に信号が流れて行くのである。

それでエフェクターをかませたくなったら、表の下列の穴にシールドを差す。裏の信号の流れが切れてこっちに流れるのでエフェクターに入力して戻りを上の穴に差す。こういう便利な仕組みである。トラブルが多いんだけど。

写真のモジュールの上下の向きがわからなくなったので逆かもしれない。ようするにひっくり返せると言うことだ。

20年前に買ったものなのでマニュアルが出て来なかった。それで今回、トライアンドエラーで信号の流れをあきらかにした。意外と複雑でたいへんだった。

それではMTRとミキサーをつなげるために作業を開始。

画像

ねじがなくならないように小皿に入れる。いつもの習慣。

画像

モジュールをばらしたところ。方向がわからなくならないように一個だけ外さないでおいた。

画像

モジュールの向きを変えて組み立てなおして配線を開始。ありがちだが、たちまちこのようなシールド地獄になる。『スパゲティ』と海外ではこの状態を言うらしい。

画像

つないで電源をいれてチェック! 1つのチャンネルの音が出ない。だいたいこういう時はシールドが断線してることが多いのだが、調べたらDBXのモジュールが一個断線していた。さすがだ、DBX! 期待を外さない。どうしてこんなにトラブルが多いのか。

モジュールをぱかっと外して正常な奴と交換。ぶじに全快した。簡単に交換できると言う作りは良いのだが。あと、パッチベイは作りが簡単なので断線は半田ごてですぐ直せるとは思う。使わないチャンネルがたくさんあるので、交換だけですませたが。

画像

完成。

dbx Pb-48
DBX ( ディービーエックス ) / PB48
スタジオ仕様の定番48ポイント・パッチベイ。その造りとルックスは正にプロ好み。
■パッチベイ、48ポイント
フォンS-フォンS、ハーフ・ノーマル仕様
ハーフ・ノーマル、ストレート変更可

2015年6月21日日曜日

第三期ハムスタースタジオの全景|我が家の楽器

画像

たぶん三期くらいじゃないかな。

キイボードにたどりつけるようにする。

機材回りを片付けた。一年前くらいはこのようにすっきりしていたものだが、これがいつのまにか回りにいらないものが増えて行き、機材にたどり着けなくなるんだなあ。

今回はハードディスクMTRを中心に組んだ。マイク→デジミキ(内蔵コンプ)→ハードディスクMTRという流れで録音して、まとめるときはハードディスクMTRからパラ出し→パッチベイ(外部エフェクトをかませる)→デジミキ(内蔵エフェクト)→PCにマスター録音する。

アダルトサイトを立ち上げて採算が取れるまでにするのが忙しくて一年くらい録音作業をしていないが、まずは整理整頓から始める。楽器はずっと弾いているんだけど。

わざとらしく猫を置いて参加してもらった。

これから機材をシールドで繋げる地獄のような作業に入る。

ハードディスクMTRの下にあるのがパワーアンプなのだが、この位置だとスピーカーケーブルが届かないことが判明、ツモリそうになった。とりあえず仮ということで、ホーン端子を付けていたので、ただのシールドケーブルをアダプターで延長する。

ハイエンドオーディオ的にはひどい措置だが、たしかに音に迫力がなくなりこもってる気はするのだが、こういうのは紙一重だけの世界なのでよくわからない。オーディオ業界って98%プラシーボ効果で動いてる世界だと思う。

画像

ぜんけい。

画像

部屋が広くなった。

画像

2015年6月19日金曜日

音楽用ナイフである!|我が家の楽器

画像

音楽用ナイフである!|楽器の紹介

そんなわけはないな。ステーキ用ナイフである。これの良い点はステーキ用なのでぜんぜん切れないところである。だから使ってて安全だ。

スライドギターではジャックナイフをスライドバーとして使っている一派があるという。それに近いのではないか。

写真のような使い方をする。刃ではなく柄の方で弾く。スライドバー用として使うステーキナイフをずっと探して来た。これが案外ちょうど良いのがない。

高いのを買うのは、ばからしいので、100均などで探したのだが安物は薄くてスライドバー用としては良くない。もともと楽器用ではないのでしかたがないが。

そうしたら、下北沢の住宅地で『ご自由にお持ち帰りください』と書いた箱の中に、これが入っていた。少し高そうなステーキ用ナイフが二種類。

家で演奏してみたらちょうど良い。この重量感が良いのである。できればサイドが曲線ではなく直線ならコードが出せて良いのだが、音が良いので我慢する。置いてあったもう一種類はサイドが直線だったのだが、こちらは変な溝が入っていたので、演奏するとこすれてノイズが出てだめだった。

音が良いとか悪いとかはこういう違いである。

画像

音が良いステーキナイフ。

画像

この厚みがポイント。

2015年6月18日木曜日

買った時は24万円もした!|Korg Trinity Plus

Korg Trinity Plus画像

Korg Trinity Plusである!

ずっと猫の階段になっていたのだが、カバーを取って演奏できるような状況にした。ちゃんと音が出た。じょうぶなものだ。

20年くらい前にたしか高田馬場のただのマンションの一室にある中古楽器店『サウンドフィズ』で新品で購入。24万くらいだったはず。それ以後、メインのキイボードとして活躍。

この前のメインが同じくコルグのX5だったので、そのグレードアップという感じで選んだ。今思うとよくそんな金を出したな、という金額だが、やはり日本の経済水準の基準がこの数十年でかなり変わったと思うな。俺一人ですごく下がってるのはあるけど。

アナログは好きだが、やはりPCMの良いシンセが一台中心にあると良いと思う。

10年くらい前に音色やシーケンサーのバックアップ用のフロッピーディスクドライブが壊れて、自分でヤフオクで動きそうなのを買って、中をぱかっと開けて交換した。それももう壊れているとは思うが、今は生楽器中心なのでそんなに使わないから、今入っている音色だけを使って行くことにした。

ドライブより前に市販の音色カードが先に壊れたので、基本音色じゃなくて変なセットが入ったままなんだな。まあ、仕方がない。それにしてもフロッピーディスクの寿命は短い。

TRINITY¥270,000/TRINITYplus¥300,000/TRINITYpro¥350,000/TRINITYproX¥398,000 (すべて発売当時の価格)
https://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/TRINITY/
TRINITYで新たにコルグが打ち出したのはハードディスク・レコーディングまで可能にするという、さらに進んだワークステーション構想。外部ハードディスクと接続して内蔵シーケンサーと同期したデジタル・レコーディングが可能になるオプション・ボードHDR-TRI(発売当時の価格¥45,000+取り付け費¥8,000)を用意。シンセサイザーとしてのサウンドも新PCM音源システムACCESS(Advanced Control Combined Synthesis System)で新次元へ。“よい楽器を、よいプレイヤーが演奏したときのベスト・サウンドをよい環境で”という新思想に基づいてサンプリングしたPCM による音色はTRINITY独特の芯のあるサウンドとして根強いファンが多い。加えて、TRINITYplus以上の機種で標準装備しているDSP音源 MOSS(Multi-Oscillator Synthesis System)により、アナログ、VPM、フィジカル・モデリングなど、より表現力あるソロ・シンセ・サウンドまで1台で可能にした。また、画面に直接触れて操作できるタッチビュー・グラフィカル・ユーザー・インターフェイスもこのTRINITYシリーズから採用。音作り、シーケンサー部、オプション・ボードによる拡張性など、あらゆる面でそれまでのワークステーションから飛躍的に性能がアップ。音楽制作ツールとしても、シンセそのもののプレイアビリティも共に高く評価され、現在のワークステーションのベースともなった製品。


Korg Trinity Plus画像

写真ではわかりにくいがすでに鍵盤が黄色くなっている。もはやビンテージか。

Korg Trinity Plus画像

Korg Trinity Plus。

2015年6月17日水曜日

10年以上ボンゴの叩き方を間違っていた|LP Matador Wood Bongos

画像

ボンゴである。

Youtubeでスペイン語のボンゴの叩き方ビデオを見ていたら、全然叩き方を間違っていたことに気付いた。教本ビデオはばかにできない。この一日で10年分くらい進歩した。

叩き方を間違っていた言ってもミュートを知らなかったとか言うレベルではなく、叩く指先の位置が違っていた。それと足でホールドする位置も間違っていた。どうりで痛いはずだ。足の間にななめに位置させると痛くないのである。動画で見るとわかりやすいなあ。

スペイン語の動画だが、基本がわかってるなら問題ない。

Aula de bongô
https://www.youtube.com/watch?v=_g7TH9Cx5kw

LP Matador Wood Bongos
LP Matador ウッドボンゴは、中級のプレーヤーやこれからプロを目指そうとするプレーヤーに、LPの高品質な木製ボンゴをリーズナブルな価格でお届けするためのラインです。
* 選別された生皮成形のヘッドで、 7-1/4″ と 8-5/8″ の組み合わせです。
* トラディショナルスタイルのリム
* アルミダイキャストのボトム
* 直径 5/16″ のチューニングラグ
* ボディは7色とゴールド/クロムハードウェアの組み合わせから

2015年6月7日日曜日

バングラ・コールという太鼓である|khol(Bangladesh Drums)

画像

バングラ・コールという太鼓である。
khol(Bangladesh Drums)

大昔にヤフオクで3500円くらいで買った。ひじょうに良いものなのだが、材質が赤い植木鉢と同じような素焼きの土器なので、すごく割れる。昨日も叩いていたら、カランとかいう音がして内側の破片が割れて落ちた。

だから、これは消耗品なのだと思う。定価で買うと3万円くらいはするうえにネット上をかなり探さないと見つからないと思うので、割れたら新しいのは買わないと思う。全てのものはいずれ去り行くものである、という無常観を意識しながら壊れるまで使おうと思う。さすが、インドの太鼓だ。

植木鉢スタンドに入れてみたらまあまあサイズが合った。これはいい。重心が高くなるので倒れると一気に割れる可能性が高い。見た目を無視してプチプチで巻こうとも思ったが、どうしたものか。音は非常に良い。

こんな感じで家の楽器を紹介して行こうと思う。動画も載せたい。

Khol, Khol Indian Musical Instrument
http://www.indianmirror.com/music/khol.html
The Khol is a double skin drum with a resonating body from northern and eastern India. Khol is usually used traditionally for accompanying Bhajans and Kirtans. Its high skin is relatively small with a diameter of about 9 - 10 cm, which gives it a particularly high, piercing sound and it is used where this kind of sound is desirable. In India the Khol is used in folk music,

画像

スヤヒ。まっさきに割れてはがれたので、いろいろと苦労して直した。

画像

ここに穴が開いたのをふさいだ。色を塗り直すと良いと思うが力つきたのである。