ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2015年11月22日日曜日

珍しいオープンリールのシングルレコード


珍しいオープンリールのシングルレコード。

シングルテープというべきか。そんな日本語はないか。こういうのは初めてみた。考えてみるとあってもおかしくはない。

どういう由来のものかはさっぱりわからないが、VICTORのNOT FOR SALEになってる試聴用のテープのようだ。曲目がまた謎でごちゃまぜである。ムード音楽からクラシック、さらにはハリー・ベラフォンテまで。

まあ、ムード音楽系で統一されてるとは言えなくもないが。 うちにはAKAIのDS4000というのがあるので、かけることはできるのだが、なにしろジャンク品なので、ワウフラッターで波打ったようになると思う。前に市販のテープをかけたらそうなった。

しかし、オープンリールは見てるだけで楽しいものだ。


2015年11月20日金曜日

TEACのオーカセ:カセットなのにオープンリール|歴史に残る珍品


 TEACのオーカセである!

これがなにかというと、知っている者はみんな知ってるのだが、オープンリールのようにとりはずせるカセットテープである。見た目は非常にかっこいい!

かっこいいが、取り外せることに何か意味があるのか?というかんじんの部分がグレーなのである。TEAC社としては

(1)取り外してコンパクトに収納できる

(2) カセットだが編集しやすい

 この二点を理由にしたいようだが、実際のところ、こういう仕組みのものを思いついた。存在理由はわからないが、作れるのはわかってたので作ってみた、というところではないか。

もちろん売れるわけはないので一瞬で消えていった商品だ。テープ界の珍品といえよう。でも、あまりにばかばかしいので有名な珍品で知らない者はいないと思う。たしかに見た目は異常にかっこいい。しかし、誰も使い道が思いつかない!


独立宣言だけはしたようだが……。


このへんのデザインはさすが世界的なオープンリールの会社である。


いろいろ理由をつけてみたが、どれも根拠が薄い!


けっこう力は入れていたのだが、歴史に残る珍品になってしまった。

2015年11月5日木曜日

パーカッション・ドラムセットを作る|ホームスタジオ


 パーカッション・ドラムセットを作る。なかなか楽しそうな感じだな。

左からSound Kingのバングラコール、中国メーカーMaxtoneの使い物にならないジャンベ、ノンブランドの韓国太鼓ヨンゴをカスタマイズしたもの。 奥にお土産物レベルのインドの太鼓、ダールかドーラクか何か。

こうしてみるとバングラコール以外はジャンクものばかりだな。しかし、これでも組み合わせてスティックで叩くとなかなか良い感じになる。バングラコールはスティックで叩くとスヤヒが割れるので、ドラムヘッドを乗せてる。


スティックいろいろ。ナイロンブラシ、ゴングのスティック、ヒッコリーのスティック、アフリカのマリンバのスティック。