ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2016年2月19日金曜日

ディジュリドゥの吹き口のメンテナンス|修理


ディジュリドゥである。上から

Indonesian Cheap Didgeridoo 01,
Indonesian Cheap Didgeridoo 02,
Bamboo Didgeridoo,


という名前がついてる。東南アジア製のインチキ ディジュリドゥばかりである。これの吹き口のメンテナンスをした。真ん中は入手したばかりだが、上下の古いディジュリドゥは蜜蝋の盛りすぎで口が細い。それを広げる作業。

問題なのが上のIndonesian Cheap Didgeridoo 01で、口が狭いので蜜蝋を溶かして取って行ったが、なかなか取れない。蜜蝋の下にパテで吹き口を作っていたのである。

 このディジュリドゥはひび割れだらけだったので、割れ目をパテで塞いで着色してリペアしたのだが、そのときついでに吹き口を作ったらしい。10年前の愚かな自分に呪いあれ!なにしろパテなのでいちど固くなると硬い。

ひたすら鉄ヤスリで削りおとして、がたがたになったのを蜜蝋で滑らかにする。


できあがり。やはり、見た目としては白いさらし蜜蝋じゃなくて、もっと黒っぽい蜜蝋のほうがいいと思う。

あとキイを調べてテープに書いて貼る。上からD#,D#,E。上の二本は長さが違うがキイが同じ。内径も関係あるので長さが違うからピッチが違うというわけでもないようだ。それぞれ音程が違うと使い分けられて良かったのだが。


にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。