ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2016年2月28日日曜日

トルコのギター、ジュラのペグのメンテナンス:Cura Saz(turkish guitar)|修理


なんか修理ばかりしているな。

ついでなのでもともと持っているジュラの修理をした。
Cura Saz(turkish guitar)

Curaと書いてジュラと読む。楽器屋ではクーラと書いたので、ずっとクラ、クラと思っていた。30年前に今はない秋葉原のラオックス楽器館の民族楽器中古楽器フロアで購入。このフロアは安いし本当によかったなあ。


今回直したのがペグ。この木ねじ式のペグが厄介者で、ゆるいかきつすぎるかのどっちかなのである。調子の良い木ペグはあんがいなめらかなのだが。

それで10年くらい前にゆるすぎる木ペグの軸にチョークの粉を塗った。自作楽器界では、ペグがゆるいときはチョーク、きついときはローソクを塗るのである。ところがこんどはきつすぎて、ペンチではさまないと動かないくらいになってしまった。

これはいかん。あまりつかわないから直さないで、苦しんでチューニングを続けていたが、この木ペグがばきっと折れたら入手困難なので、またひっこぬいて、こんどはすべりやすくすることにした。いったい、なにをしているのか。

ペグと穴についているチョークの粉を拭いてから、ローソクがどこかにいったので、金管楽器ようのスライドグリスを塗った。別な楽器のようになめらかになり、メンテは大成功。これはいいな。


全体像。新品で9000円弱だったので高級なものではない。


このブリッジももろそうだな。壊れたら作るけど。


後ろ。おもしろいところに穴が空いてるのがサズ類のチャームポイント。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。