ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2016年5月13日金曜日

ザ・中国製、MaxtoneのCheapなDjembeにドラムヘッドを張ってみた


 ザ・中国製、MaxtoneのCheapなDjembeにドラムヘッドを張ってみた。どうなったかというと、これが案外良い。Maxtone Cheap Djembeには本当に苦労して、どうにかしてジャンベの音が出ないかといろいろなヘッドを試している。

そもそも、最初に張ってあるのが牛皮の厚いヘッドである。この段階でジャンベからは程遠い楽器になっている。そこでヤギ皮を張ってみたりしたが、テンションを上げてもいやな倍音がきんきんするばかりで、ジャンベにならない。

見た目はLPのジャンベの丸コピーなので悪くないのだが、なにかボディの構造自体に致命的な欠点があると思われる。

今回張ったのがREMOのタム用のクリアーヘッド13インチ。13インチでちょうどサイズが合うようだ。テンションを上げてもそんなにいやな倍音は出ない。あたりまえだが、タムのテンションを思い切り上げたような音がしている。これはけっこう悪くない。


白いヘッドもあったが、クリアーの方が薄そうなのでそっちにした。白の方がジャンベぽいと思うが、ダラブッカとかはクリアーヘッドもあるので、そういうイメージで。

右は今まで張ってあったコンガ用のヘッド。まったくカンカンはしないがポコポコという安定した音がして、中域を支えるには堅実でよかった。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。