ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2016年11月8日火曜日

半田ごてのコテ先の再メッキ作業をした|修理


半田ごての先の再メッキ作業をした。

しぶい。半田ごての先に熱がうまく伝わらない。調べてみると、炭がたまっていたり、絶縁物質の皮膜ができているらしい。

これは使い方が悪いとできるようだ。半田ごての先は思ったより慎重に扱う必要があるのだな。とりあえず、温度調整をぐっと下げた。今まではなかなか熱くならないので、温度の上げていたのだが、そうすると余計に皮膜が固まったり増えたりするようだ。負の循環である。

皮膜をとったらすぐに熱が伝わるようになったので、これなら温度を下げても大丈夫だろう。

やりかたはネットで調べた。

1000番くらいの紙やすりでひたすらこすって炭や皮膜を取る。それでも取れないのはカッターの刃で削った。

それからアルミ箔の上でハンダを溶かしてハンダ玉を作って、そのなかにコテ先を入れて再メッキ。上の写真が削った状態。下が再メッキした状態。写真では見えないが、かろうじて先までメッキされている。

やってはいけないことを一つ。

フラックスはハンダをつきやすくするので、熱した半田ごてにつけてみたら、一気にこげて真っ黒になった。これは失敗。最初から削り直すことになった。

これからは作業が終わったら、ハンダをコテ先につけてからしまおうと思う。 それと熱くなりすぎるとすぐに黒くなるので、スイッチ付きのタップをコンセントにつけた。コテ先の状態がいいとすぐに熱くなるので、こまめに切っても使い心地に問題はないようだ。



にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。