ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2016年1月29日金曜日

動画:Japanese Life : Korg Trinity Plus - Synthesizer Music


ベースがDoepfer MS-404でドラムがKorg Trinity PlusかAkai S1000のTR909系のサンプリング音源だと思います。

Old techno music 1995~2005. Home recording. Original song.

Instruments,
Korg Trinity Plus,
Korg Mono/Poly,
Roland Jupiter-6,
Doepfer MS-404,
Akai S1000,
Akai S2000,
Korg X5,
YAMAHA TX81Z,
Roland R8,
Roland TR707,
Roland TR606,
Koblo Vibra9000,
Text-to-Speech,
Steinberg Cubase VST5,

Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/30
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016

動画:Buenos Dias : Korg Trinity Plus - Synthesizer Music


ナレーションのような声を出してるのは20年前の私です。恐ろしいですね。この曲のためにわざわざスペイン語入門の本を買ってきて読んでいます。おはよう、などと言っています。

Old techno music 1995~2005. Home recording. Original song.

Instruments,
Korg Trinity Plus,
Korg Mono/Poly,
Roland Jupiter-6,
Doepfer MS-404,
Akai S1000,
Akai S2000,
Korg X5,
YAMAHA TX81Z,
Roland R8,
Roland TR707,
Roland TR606,
Koblo Vibra9000,
Text-to-Speech,
Steinberg Cubase VST5,

Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/30
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016

動画:Asian Tracks : Doepfer MS-404 - Synthesizer Music


TR808系の音色でよくわからん変拍子を打ち込んでいます。

Old techno music 1995~2005. Home recording. Original song.

Instruments,
Korg Trinity Plus,
Korg Mono/Poly,
Roland Jupiter-6,
Doepfer MS-404,
Akai S1000,
Akai S2000,
Korg X5,
YAMAHA TX81Z,
Roland R8,
Roland TR707,
Roland TR606,
Koblo Vibra9000,
Text-to-Speech,
Steinberg Cubase VST5,

Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/30
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016

動画:Air Works : TR606 - Synthesizer Music


このころはミキサーのフェーダーの上げ下げではなく、全トラックのベロシティを書き込んでトラックの出し入れをしています。

Old techno music 1995~2005. Home recording. Original song.
自宅録音研究所|Recording Audio At Home  http://recordingjp.blogspot.jp/

Instruments,
Korg Trinity Plus,
Korg Mono/Poly,
Roland Jupiter-6,
Doepfer MS-404,
Akai S1000,
Akai S2000,
Korg X5,
YAMAHA TX81Z,
Roland R8,
Roland TR707,
Roland TR606,
Koblo Vibra9000,
Text-to-Speech,
Steinberg Cubase VST5,

Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/30
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016


動画:Oscillator Waltz - Synthesizer Music



Oscillator Waltz - Synthesizer Music

部屋を暗くしてシンセのオシレーターのLEDをスマホを揺らして撮影するという作品。なかなかいいアイデアでしょう。

Old techno music 1995~2005. Home recording. Original song.
自宅録音研究所|Recording Audio At Home  http://recordingjp.blogspot.jp/

Instruments,
Korg Trinity Plus,
Korg Mono/Poly,
Roland Jupiter-6,
Doepfer MS-404,
Akai S1000,
Akai S2000,
Korg X5,
YAMAHA TX81Z,
Roland R8,
Roland TR707,
Roland TR606,
Koblo Vibra9000,
Text-to-Speech,
Steinberg Cubase VST5,

Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/23
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016

動画:Roland Jupiter-6 & Taiko - Home Recording


同期がうまくできなくて、手動で太鼓を叩いてるという珍品。あんがい、TR系のキックに聞こえなくもない。

Jupiter-6 arpeggiator & Korean Taiko.

Instruments List,
Roland Jupiter-6,
Yonggo(Korean Drums),
Daiso Cheap Tremolo Harmonica,
Mini Bansuri(Bamboo Flute),
Red Stripes,
Thailand Mini Gong,
Homemade Can Agogo,
Fostex DMT8-VL,
Yamaha 03D Digital Mixing Console,

"Roland Jupiter-6 & Taiko - Home Recording"
Lyrics. Kanda Mori(=hamhamgo)
Composition. Kanda Mori(=hamhamgo)
Manufacture day.2016/01/30
All performance is Kanda Mori(=hamhamgo)
(c)Kanda Mori(=hamhamgo) 2016


マレット ヤマハME-105 [エデュケーショナルモデル]|我が家の楽器


マリンバ用のマレットも買う。

今までは木琴用の一本100円くらいのを使っていたが、もうちょっといいのを買うことにした。来てみたら棒がプラスティックでなかなか安っぽい。しかし、ヘッドがソフトな硬質ゴムなので、音はずっと良い。

YAMAHA ME-105 EducationalModelである。 ヤフオクで送料無料で1600円。

マレット ヤマハME-105
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/percussions/mallets/chromatic/educational_models/me-105/?mode=model
[エデュケーショナルモデル]
希望小売価格: 1,300円(税抜)
1セット(2本)での販売です。


今、調べてみたら定価より高く買っていたな。こういうこともある。必要なものが手に入ったというのが大切なので、値段は重要ではない。10年くらい使っていたら最初の値段は関係なくなってくる。

EducationalModelというのはなにかと思ったら教育用モデルだそうだ。


ゴムヘッド。


エデュケーショナルモデル。


説明。


説明。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

Beat - cloud & music playerとiTunesを導入|ホームスタジオ


自作曲の音楽ファイルをどうやって聞くか、という話である。

PCの方はiTunesに入れた。これがあんがいよくできていて、曲ごとに階層に分かれている音楽関係のフォルダをそのまま入れてもちゃんと読めるファイルだけ読み込んでくれる。たいへんに楽だった。

動画ファイルとAIFFファイルとMP3と動画用の画像まであるのでぜんぶで30ギガくらいになっている。長年作っていた曲をランダムに聞いているが、手間のかかってる曲より、すかすかな音の薄い曲の方が、今聴くと面白い。

これらの旧作もYouTubeにあげようと思うが1/10もあげられていない。もっと動画を簡略化して一回に10本づつくらいあげるようにしようと思う。 せっかくあるのだからアップする。貴重な人生の時間を削って無意味なものに全力をそそいで何をしているのだろうと思うが、それが趣味というものだろう。カルマと言い換えてもいいが。

スマホのほうだが、iTunesをアンドロイドでもシンクしてくれるアプリがあったので入れてみた。iSyncrというやつで、シンクするってなにをシンクするのかと思ったらプレイリストだけで、曲のファイル自体はぜんぶパソコンからスマホに読み込ませないとならないらしい。30ギガもあるので無理なのでアプリを削除した。

iTunes 用の iSyncr - 無料
https://play.google.com/store/apps/details?id=iTunes.Sync.Android&hl=ja
ウィンドウズ向けiTunes、又はMac OS 10.5+向け iTunesが必要となります。
iSyncrはUSB又はWiFiを使ってあなたがiTunesで所有する音楽をアンドロイド機器へと素早くシンクさせることを可能とします。


結局、Googleドライブにmp3ファイルだけぜんぶ入れて、Beat - cloud & music playerというクラウド上の音楽ファイルを再生するアプリを使うことにした。Visualizerという音声をグラフ状にビジュアル化するオプションを入れると落ちるがそれをはずすと軽快に何時間でも動いている。

Beat - cloud & music player
https://play.google.com/store/apps/details?id=de.stefanpledl.beat&hl=ja
‘Beat’ music player is a player that you can fully customize. With features such as floating controls, versatile cloud storage and simple folder directories that are rarely found on conventional music players. We have listened to our users to bring you an intuitive music player that is gathering pace on Android.



にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2016年1月27日水曜日

トンボ Dragonfly Octave Bass Harmonica|我が家の楽器


今日の楽しいおもちゃ。

Dragonfly Octave Bass Harmonicaである!すごいですね。1キロもある。

TOMBO Dragonfly / Ensemble and harmonica octave bass 1142R
http://global.rakuten.com/en/store/ontai/item/1142r/?s-id=borderless_recommend_item_en
Standard price: 55000 Yen + (tax)
That has prompted consists of diverse ensemble bass in melodic, fast playing.
It is designed to meet it, stick to an array of sounds, hole spacing, bass harmonica.
Body is a new specification of the rosewood.
Is the profound tone octave lead sounds at the same time.
Bottom C, top c#; Can play in a sense duplicate harmonica to play up and down repeatedly.
Specs
■ with a bass harmonica 30 holes 30 (60 led) sound tone
■ body: wooden body (rosewood)
■ size:W235 x H58 x D57mm
■ weight: 1000 g
■ frequency: e-f1
Wood paste leather case with private 


Dragonflyというからには、言葉の響きからして中国製かと思っていたが、今調べたらトンボだった。トンボが海外販売するときはそのまま直訳して、TOMBO Dragonflyという名前で売ってるらしい。そうか、なるほど。

 ヤフオクで2100円。ところでハーモニカにはビンテージはありえないものである。なぜかというと、金属リードがもたないので古いと音が出なくなるのだ。これも古そうだし期待していなかったが、届いたのを吹いたら意外にもぜんぶの音が出た。これは珍しい。

 ただコンディションがいいわけではなく、なんかカビ臭いというかさび臭いというか臭い。俺は気にしないが普通の人間だと使えないだろう。音はとんでもない重厚ぶり。ベース音域のリードがオクターブ違いで一度に二枚鳴る。吹き音のみ。

トンボにはこの下にコントラバスという一枚リードのがあって、さらに重厚な音が出るようだ。


オクターブバス。


これがよくわからない。白マジックで音域の数字が書いてあるのだが、向きが上下逆さまである。C#を基準にして吹いていたのか。それにしても5万もする楽器にマジックで書かないでもらいたい。


本体にTomboの名前はない。


お尻。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2016年1月26日火曜日

懐かしのOS10.4をインストール|ホームスタジオ


 とても懐かしい。

先代のMACのG4を音楽専門に使っているが、余計なものがいっぱい入ってるので、構成を見直して、フォーマットやインストールをし直すことにした。HDが二枚入ってるので一枚をOSとソフト用、もう一枚を録音用にする予定。

まずはOSのDVDを探すところから始める。OS9とOS10の二頭立てで、OS9がシーケンサーソフト用(買い換えてないのでOSを上げられない)、OS10が単にパソコンをターゲットモードにしてFirewireでminiMACにデータを送るために使う。

そのために必要最低限だけのインストールにしたら、とても速くインストールできた。


問題はOS9のほうでこっちもクリーンインストールをしたいのだが、古いソフト群をもう一回認証させる手間がたいへんだ。というかフロッピーで認証、などというソフトもあるのでそういうのは諦めると思う。

そもそもOS9のCDromが見つからないのだがどこだ。とりあえずドクターノートンをかけた。これも懐かしすぎる。OSXになってから、こういうソフトの出番はなくなったな。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2016年1月25日月曜日

今日の実験|Analogue Systems Filter Bank FB3 mk2のLFO OUTをKorg Mono/Polyのアルペジオトリガーインに入力してみる


 今日の実験。

Analogue Systems Filter Bank FB3 mk2のLFO OUTをKorg Mono/Polyのアルペジオトリガーインに入力してみる。 LFO OUTだが、こんなものがOUTしてるのは珍しいのだが、使い道がどうも思いつかない。モジュラーシンセでも組んでいる人が使うものだろう。ほぼ初めて使った。

Mono/Polyのアルペジオトリガーインだが、Roland Jupiter-6はわりとなんでも受け付けるのだが、なかなか受け付けてくれない。今回、Kenton PRO2やRoland TR707からトリガーを入れてみたが同期してくれない。MIDIとMono/Polyのアルペジエイターを同期させたいのだが。

 アルペジオトリガーイン自体が壊れてるのかもしれないと思ったが、Analogue Systems Filter Bank FB3 mk2のLFO OUTを入れたらちゃんと動いた。機能はしているようだ。LFO OUTだがクロックのトリガーとして認識している。Analogue Systems Filter Bank FB3 mk2のLFOはスローなので100BPMくらいにしかならないが。

実験なのでVCF fcMイン、VCO FMイン、トリガーインにも入れてみた。それぞれ動く。モジュラーシンセみたいでおもしろい。 LFOなのでめいっぱい下から上まで動くので実用性はあまりなさそう。



にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2016年1月20日水曜日

Kenton PRO2が壊れたと思ったら直っていた:MIDI to CV/ゲート|今日の故障


今日の故障。

機材というものは定期的に更新して入れ替えるという作業が必要なようだ。それをしないで時間が止まってしまうとどうなるかというと、毎日、機材の故障の修理におわれることになる。

MIDI信号をCVゲートに変換してアナログシンセを鳴らすというKenton PRO2の電源を久しぶりに入れたら表示が変になっている。どこを押しても変わらない。CVゲートの変換機能よりクロックを変換させてアルペジエーターを同期させるために使ってみようと思ったのだが。

20年まえに原宿のファイブGか高田馬場のサウンドフィズで買ったけっこう高いものだが、ほとんど打ち込みはしなくなったので、使用頻度を考えると買い換えることはしないだろう。

残念だなと思って記念撮影をしようとあとから電源を入れたら……直っていた!なにかねこれは。暖まるのに時間が掛かるというやつだろうか。


チャンネルを切り替えたところ。

2016年1月19日火曜日

Sony Sound on Sound EchoAdaptor SB-200とAkai 4000DS MK2を使ったテープエコーの実験|我が家の楽器


Sony Sound on Sound EchoAdaptor SB-200とAkai 4000DS MK2を使ったテープエコーの実験。

1年ぶりくらいに動かしてみたがまだ壊れていなかった。テープは長いのを走らせていてもいいのだが、このようにテープループにしてまわしている。バリビッチが変えられるデッキなら最高だったのだが、これは早いのと遅いのと二種類しか速さを選べない。

 SB-200のSOS/ECHO VOLのつまみでフィードバック数を変える。EchoAdaptorをつけると発振するまでフィードバックをあげられなくなるようだが、テープデッキだと発振してもうるさいだけでテープエコーのように音楽的な音はしないのでこれはこれでいいだろう。


しぶいがノイズがけっこうひどい。

2016年1月18日月曜日

オープンリールテープのシングル版というのを入手したので聴いてみる:Akai 4000DS MK2|ホームスタジオ


しぶい大人の趣味。

オープンリールテープのシングル版というのを入手したので聴いてみる。まずは鳴らすまでがたいへんだ。Akai 4000DS MK2のコンセントとケーブルをつなげて音が出るように悩む。

音が出てもまだ始まらない。次は綿棒でヘッドのクリーニングだ。この位置だとヘッドが見えないことを発見。まえは高い場所にあったのである。ヘッドカバーをはずすという手もあるが、そういうことするとなくなりそうだな。

 再生。ジャンク品のデッキで軸が少し曲がっているので、まともに再生できないと思っていたが、意外と普通に再生できた。やはり低音が効いていていい音である。これは中級クラスだが、昔の今は安くなっている高級デッキを買って聴くのが趣味の人がいるが、それもわかるな。

くるくるまわってるのが面白い。昭和30年代の頃の当時はなかなか手に入らなかったであろう大人のオーディオの世界の風情を感じられる。


曲はジャズやイージーリスニングなど。

2016年1月15日金曜日

Yamaha 03D Digital Mixing Consoleの片方のチャンネルが出ない|ホームスタジオ


Yamaha 03D Digital Mixing Consoleがトラブル。

トラブルの解決で一日が終わった。こういうこともあるな。AUXのパッチベイの結線のテストをしていたら、左チャンネルの接触が悪くなる。ぷつぷつとしか音が出ない。シールドやエフェクターを疑ったが、デジミキの内部の問題だった。これはかなりやばい。

試しの音源にカシオトーンのイヤホーンアウトから音を出したらインピーダンスとか過大入力とかなにかで壊れたらしい。数時間いじっていたが、モニタースイッチをオンオフしたら元に戻った。

運良く直ったが古いものなのでたぶんこんなあたりから壊れていくのだろう。壊れたらアナログミキサーに戻そう。

2016年1月14日木曜日

サウンドハウスでインサーションケーブルを二本買う|ホームスタジオ


今日の渋い行動。

通販店のサウンドハウスでインサーションケーブルを二本買う。サウンドハウスはテクノだったころ、山のように買い物をしていた。当時はネットではなくてサウンド &レコーディングマガジンの広告を見て電話で注文、という買い方だった。

主に巨大なラックなど重たいものを買っていた。 電話をかけて向こうがデータベースを参照すると大量に買ってるので急に愛想が良くなるのが面白かった。

久しぶりに見たら送料が無料になっていた。 サイトは軽いのだが注文のところだけ重くてエラーが二回も出た。だいじょうぶか。

2016年1月11日月曜日

Suzuki Wood-Blocks SW-110|我が家の楽器


スズキのウッドブロックをヤフオクで買った。1000円で送料400円。あとで調べたら定価が2200円、市場価格が1500円くらいなのであまり変わらないが、こういうのは金の問題ではないからいいだろう。

Suzuki Wood-Blocks SW-110

一つ前の商品のようだ。現行品はこれより1センチくらい大きいがほとんど変わらない。材質でも変えたのだろうか。

来たのを見たら結構でかい。音はさすがに自分で作るよりいいな。ラッカーの塗り方が俺の好みと同じで下品にべったり塗っていて良い。本当は薄い方が音はいいようだ。

スズキのサイトの楽器は結構楽しい。
 https://www.suzuki-music.co.jp/product_category/percussion/


なかなか風格がある。


むいみに写真をいっぱい撮った。


つなぐ前。


けっこう刺さらない。


横。


穴の奥はあまり塗ってないようだ。


前。


こういうのはけっこう使うと思う。

2016年1月10日日曜日

VideoPadというやつの無料版|動画制作


動画を作った。使ったビデオ制作ソフトがVideoPadというやつの無料版である。グラフィックコンバータでスライドショーを作って、それにVideoPadで音を入れる。

ところでVideoPadだが、動画素材の長さを変えられるはずなのだが、やろうとしたが反映しない。これはなにかな。スライドショーだとうまくいかないのかもしれない。

いろいろな切り替えの効果が入ってるがこれはグラフィックコンバータの機能である。グラフィックコンバータはよく使うので、めずらしくちゃんと金を払って有料版にした。気の利かない部分はあるが、なれてるのでまあまあ使いやすい。

VideoPad
https://www.google.co.jp/search?q=VideoPad&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja

グラフィックコンバータ
http://graphicconverter.softonic.jp/mac

2016年1月9日土曜日

動画:WoodBlocks & Gibson LesPaul Studio - Home Recording


"WoodBlocks & Gibson LesPaul Studio - Home Recording"
Youtube
https://youtu.be/yb-9rq4UWME

mp3
http://www.kandamori.com/recordingjp/woodblocs_2mix_tk 2.mp3
http://www.kandamori.com/recordingjp/woodblocs_2mix_tk 3.mp3
http://www.kandamori.com/recordingjp/woodblocs_2mix_tk 4.mp3
http://www.kandamori.com/recordingjp/woodblocs_2mix_tk 5.mp3

Guitar instrumental.This is original song. Home recording.
Instruments List,
Gibson Les Paul Studio,
Suzuki Wood-Blocks SW-110,
Kikutani Poor Maracas,
Nikkan Junk Alto Horn,
Poor Natural Trumpet,
Yonggo(Korean Drums),
ASAMA Poor Bongo,
Maxtone Cheap Djembe,
Mini Dholak,
Homemade Cymbal,
Fostex DMT8-VL,
Yamaha 03D Digital Mixing Console, 


2016年1月4日月曜日

CAE Super TremoloとFostex Model-3180 Spring Reverbである|我が家の楽器


ラックの結線をする。

CAE Super TremoloとFostex Model-3180 Spring Reverbである。正月は時間があったので、ラックまわりの整理をした。これらをラックに納めてシールドをつないだ。それとドラムマシーンをすぐに音が出せるような配置にした。

CAE Super TremoloとFostex Model-3180 Spring Reverbはひさしぶりに引っ張り出してきたので、動くかどうか怪しかったがそれなりに動くようだ。スプリングリバーブはかなりぼろぼろだな。たぶんアンプ部分がいかれてきてて、ノイズがひどいので、そのうちリペアをしたい。



見た目はかっこいいのだが。

丸ピックを試す|我が家の楽器


ピックである!

久しぶりに楽器屋に行った。吉祥寺のヤマハサウンドクルー。昔、近所に住んでいた頃はやたらと行っていた。

買ったのは前から試そうと思っていた丸ピックとJAZZ用の厚いピック、それと細いサムピックである。今回のポイントは丸ピックでどんなサウンドが出るかと思ったが、もっこりして丸い音が出て非常に良い。これのハードのやつがほしいな。