ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2017年2月23日木曜日

古い打ち合わせシンバルを買う、20cmと15cm:ヤフオクで1000円|打楽器


今日の楽しいおもちゃ。新しいおもちゃを買った。

古い打ち合わせシンバルである。ヤフオクで2つで1000円。20cmのものと15cmのもの。 15cmのものはニッカンのORFF。20cmのものはノンブランド。たぶん、この時代の学校分野のシンバルだと、同じくニッカンかチューカンだと思う。

打ち合わせシンバルはもっとでかいのは多いんだけど、この15cmというのは珍しい。それで買ったんだけど、シンバルにしては肉厚で高音。どちらかというと、トルコやチベットのフィンガーシンバルの大きめなサイズという感じの音色がする。

いかにもヒーリング系の良い音色なのだが、これを普通の楽曲にどう合わせたらいいか、よくわからない。

もっと困ってるのが、20cmのほう。シンバルは詳しくないのだけど、こういうものなのか。驚くほど、ピッチが低い。シンバルはもっとシャリーンと高い音がするイメージがあったが、まるでドラのような音がする。ジャバーンという感じ。

たぶん、ペラペラの安物なのでピッチが低いのだと思う。このふたつをどうやったら活用できるかを検討中。二枚かさねると、ハイハットみたいになるかとも思ったが、なかなかなってくれない。

とりあえず、引き出しからぶら下げてみた。こういう古い小物はたいへんにおもしろい。


表。サビはサビ落としで落とせるのだが、落としてもメッキしない限り、5年もするともとに戻るので、あまりやる気がない。


裏。


エレクトーンハウス。エレクトーン教室から流出したようだ。


この時代は電気屋でシンバルも売っていたのか。


ニッカンのオルフ。オルフはそんなに悪くないはずだ。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年2月4日土曜日

弦をダダリオのフラットワウンド Jazz Lightに変えた:D'Addario ダダリオ エレキギター弦 フラットワウンド Jazz Light .011-.050 ECG24


弦を張り替える儀式。

Gibson LesPaul Studioの弦をダダリオのフラットワウンド Jazz Lightに変えた。D'Addario ダダリオ エレキギター弦 フラットワウンド Jazz Light .011-.050 ECG24である。正式に書くと商品名が長い。

前はたぶんふつうのアニーポールのニッケルワウンドの.011だったと思う。久しぶりにフラットワウンドに変えたが、これはいいな。どんなギターでもジャズギターになってしまう。このメローなトーンだな、求めていたのは。

ヤフオクで1600円で落札。

昔、フラットワウンド Jazz Light .013を張ってみたことがある。ハウリン・ウルフのバンドのヒューバート・サムリンみたいな音を出したくで弦を太くしたのだ。やたらと面白い音になったが、太すぎてバーコードを押さえられないのですぐに止めた。

今はほとんどコードを押さえないのでだいじょうぶだろう。ライブをやっていた頃は、本番になると指に力が入らないものなのでもっと細くしないとだめだったが。

弦を外してついでにメンテナンス。ギターの掃除して油をさして。張ってみるとアニーポールより下の方が明らかに太い。ほとんどベース弦に近い。それから、オクターブのチューニング、ピックアップの高さ、ブリッジの高さを調整。

 この前までかなり下げていたが、上の方がびびっていたので、今回は結構高くした。この方がいいようだ。ずいぶんと良いトーンになった。


ダダリオのJazz Light。


だんだんと天然のレリック仕様になってきた。

にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。